水素水生成器ルルドは水素が抜けにくい高濃度水素水

水素水生成器ルルドは水素が抜けにくい高濃度水素水

ルルド

 

水素水サーバーで作られた水素水の水素はすぐに抜けてしまうと思っていませんか?実際、水素は分子のなかでも一番小さいので、どのような容器に入れても水素は抜けてしまいます。

 

 

しかし、水素水の作り方。つまり、水素水の生成方法によっては24時間後も高い溶存水素濃度を保つことができるのです。

 

 

一般的な水素水サーバーは電気分解式を採用しています。電気分解式とは、水に電極を入れて電気を発生させることで水素と酸素を分けることで水素水を作り出します。

 

この方法で作られた水素水は、電気イオンなどの不純物を含み、十分な濃度を持つ水素水を作ることができません。

 

ルルドの水素生成方法は分離式を採用

 

ルルドの水素生成は分離式を作用しています。分離式とは、飲み水が入っている容器に、別の容器で作られた水素を溶し込む方法です。

 

この方法なら、電極が直接飲み水に触れることがありませんので、不純物を含まない水素水が出来上がります。

 

ルルドで作られた水素水が経過時間によって、どのように変化していくのか表にしました。

 

経過時間 12時間後 24時間後
溶存水素濃度の変化 80〜90% 60〜80%

 

このように、分離式で作られた水素水は24時間後でも、溶存水素濃度は60〜80%をキープしています。

 

外出時でも、高濃度水素水が飲める

 

濃度が高い状態が24時間も続くので、パウチ容器やアルミボトルに入れて外出先に持ち運ぶこともできます。

 

パウチ容器やアルミボトルはAmazonや楽天市場で購入することができますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

⇒楽天市場でアルミボトルを調べてみる